医師と院内恋愛するメリットとデメリット

看護師が医師と院内恋愛をすることのメリットは、お互いの仕事内容をきちんと理解して、配慮し合えるということです。
看護師と医師の仕事というのは、身近で働いている人でなければ理解するのが難しいものですよね。
説明したら「大変だね」と言ってもらえるかもしれませんが、本当の意味では分かってもらえないことも多いでしょう。
その点、医師と付き合えば「仕事の大変さ」「抱えている悩み」を分かち合うことができます。
何か悩みがあったら相談したりすることも可能なので、頼れる存在になります。
彼氏にはこころの支えになってほしいと考える方にはぴったりだといえます。
医師と付き合うことのデメリットは、他の女性からアプローチを受けるかもしれないという不安を感じてしまうことです。
医師という職業にあこがれを抱く女性も少なくはないので、患者さんや同じ職場の看護師などから言い寄られているところを見る可能性が出てきます。
そんな時に、嫉妬心が芽生えてしまったり、相手の女性とトラブルに発展してしまったりする場合もあるでしょう。
お互いに信頼関係を築いて、浮気を疑ったりすることのないように気を付けることが必要です。
また、医師という職業をしているため、当直が入ったり急に呼び出されたりすることもあり、一緒にいる時間が作りにくいのもデメリットとして挙げられます。
寂しさを感じてしまい、その気持ちを相手にぶつけると喧嘩になってしまうので、自分一人でも楽しく過ごせるようにしましょう。

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のコメント