院内恋愛における注意点とは

看護師の恋愛で、出会いが多いのが同じ職場である医療現場です。
院内恋愛に発展することも珍しくなく、同じ医療系の仕事をしていることから、意気投合することもあります。
とくに医師と付き合う看護師は多く、競争率が高いと言っても過言ではありません。
職場が同じでコミュニケーションを取りやすいため、自然と付き合う流れになることもあります。
一般企業の会社員と違い、生活が不規則になりがちな看護師は、デートの時間を作ることも大変です。
付き合っている相手が医師であれば、日常的に合うことができるため、会えなくて淋しい思いをせずに済みます。
また、医師は高収入であることから、お金の心配をする必要がなくなるのが特徴的です。
相手にもよりますが、デート代をすべて払ってくれて、高価なプレゼントを用意してくれることもあります。
恋人関係になることで、他の女性看護師に優越感を感じる人もいるようです。
院内恋愛で医師と付き合う場合、公言してはならないという暗黙のルールがあります。
隠す必要のないことだと考える人もいるかもしれませんが、同じ職場内での恋愛を快く思ってない人もいるため注意が必要です。
嫉妬によって嫌がらせが始まることもあるため、他の人には黙っておいた方が無難です。
恋人であることを周囲に気付かれないよう配慮する必要もあります。
職場では二人でいる時間を減らしたり、不必要に仲良くしすぎないよう注意しなくてはいけません。
恋人の雰囲気を出してしまうと、仕事に支障が出る可能性が高いため気を付けましょう。

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のコメント