医療関係者以外と恋愛する際に気をつけること

看護師といえば医療関係者と恋愛するイメージが強いかもしれません。
たしかに医師や看護師などの医療関係者が恋人という看護師は少なくありませんが、逆に同じ医療関係者は避けたいという人もいます。
相手探しの手段として合コンやサークル、イベントなどを活用するケースは多く、付き合う相手の職業も多種多様です。
例えば、美容師や料理人、自営業者が恋人という看護師もいます。
単純に恋愛を楽しみたい場合は、相手のスペックにはあまりこだわらない傾向があります。
ただし収入に関しては、ある程度高いほうがよいと答えている看護師が多いです。
特に女性看護師の場合は、パートナーである男性に対して自分以上の収入を求める傾向があります。
お金に余裕があると人生の幅が広がり、恋愛もより充実すると考えるからです。
デートをするにもお金はかかるので、相手が無収入でもよいと考える看護師はあまりいません。
看護師の恋愛の失敗談では、生活リズムが合わないという理由で別れるケースが目立ちます。
頻繁に夜勤入りをする看護師だと、恋人となかなか時間が合わないという問題が発生しがちです。
二人の休日が合わないという話も多く、行き違いが増えることで互いのこころが離れていったという経験談もあります。
そうした理由から、さまざまな職業の人と恋愛をしたけれど、最終的に医療関係者で落ち着いたという看護師は少なくありません。
例えば恋人が看護師であれば、看護師という仕事の大変さを理解してもらえるでしょう。

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のコメント